結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

メンがヘラるまでにしたい10のこと①

すみません。10もないです。

当たり前ですね。

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]

 

 つまり、ここからもじったわけです。

 

 

さて、健康に含まれるものとして微妙かもしれませんが、これも書いておこうと思います。

今回はメンタルのお話です。

 

みなさんのメンタルはどうでしょうか?

メンがヘラっては戦もできません。自爆はできるかもしれませんが。

 

ということで、私がメンタルをどうやってバランスボールの上でも安定させているのか…安定させられているのか…?を書いていこうと思います。

 

 

問題はメンタルですがメンタルだけの独立した問題ではなく、フィジカルとも密接です。

 

morimori-mosao.hatenablog.com

 ここで書いたように、フィジカルが健康でないとメンタルの安定はありえないのです。

 つまりメンタルを安定させるために、まずフィジカル。

フィジカルを安定させます。

しかし女性には月のモノがあります。

ついったらんどでは「PMS〜!」と叫んでイライラしている人がいるので、とある時期が来るとイライラだったり、怠いと感じる人も多いでしょう。

あまりにイライラしすぎて鬱っぽいとまでになると、フィジカルにも支障をきたしますので病院へ行きましょう。

 

ただこれは免罪符にもなります。(頼りすぎてはいけませんが)

 

基礎体温こそつけていませんが、私は生理周期が安定していたので昔から生理日をカレンダーに記していました。

そうすることでカレンダーを見ながら、今は好調期、今は不調期とわかった上で行動できるのです。

「もうすぐ排卵日だから、アクティブにいってもフィジカル・メンタルともに良いだろう」とか、「生理前だから大人しくしておこう(人と会う約束があってもなるべくその日は聞き役に徹しよう)」とか、「ミス(仕事でのミスではなく、物を落としたりの日常生活のミス)をしても気にしない」とか、コントロールすることはできませんが、自分を納得させることはできます。

 

そうすると、どうしてかわからずイライラしていた時よりは気持ちが落ち着きました。

 

 

生理は結構メンタルに密接なものだと思います。

生理痛がひどい方、PMSがひどい方は少しでも体が楽になることを考えて病院で薬をもらったりするのもメンタルを安定させる近道だと思います。

 

私のように、何なくメンタルの波がある、と感じるくらいの人は、生理周期を把握して、メンタルの波を把握すると過ごしやすくなるのではないでしょうか。

 

 

そして続くのでした…。