読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

楽しかったお一人様ライフ②

閑話休題 一人暮らし

さてさてお一人様ライフの続きです。

 

 

衣服に関しては若い頃は厨二にありがちな奇抜な服を買ったりしていました。

goukとか…

gouk Official Home Page / TOP

いや〜goukは今見ても可愛くて良いですね。

そんな派手でないのは欲しいなと思います。

というか、10年以上前に買っていまだに持っています。

 

それからは少し落ち着いて、ユニクロ的なファストファッションを普段着や仕事着(デザイン業なので仕事へはカジュアルな服でOKでした)として使い回し、ちゃんとした場所へのお出かけの時は卸したてのものや、きちんとしたお店の値段の高い服や靴でまとめるようにはなりました。

 

アクセサリー類はつけるのが好きではなくて、きちんとした場所へ行く時などにしかつけません。

そういえば、以前4℃をもらったら何だかんだ〜というツイートがありましたが、もさおは自分でお金を出して買うのが好きなので、ブラックダイヤのネックレスを自分で買い、「よしよし、今日はブラックダイヤちゃんとお出かけしよう」と微妙にペット感覚で扱っていました。

誰かからプレゼントされるよりも、自分で選んだ子(ダイヤ)が一緒にいてくれると思うとそれだけで出かけるのが楽しくなったので、ある意味一人遊びが上手なんだと思います。

端から見たら「寂しいやつ」と思われるかもしれませんが、自分で始まり、自分で完結できる能力は高いことはお一人様ライフには欠かせないことだと思います。

 

そうやって服を揃えていき、自分をTPOに合わせて自分のキャラを変えたり、一人で出かける時は「今日はこんな風に見られたいから」と雰囲気の全然違う服を着てみたりして、一人で遊んでいました。

 

 

 衣食住足りて礼節を知ると申します。

時間をかけて自分の望む形に衣食住を揃えていけば、一人でも充分楽しく生きていけます。

ただ、「一人が寂しい」という人もいるでしょう。

そんな方にはラジオをオススメします。

ラジオは人の声がします。音楽でもそうだと言われるかもしれませんが、ラジオは人が他愛のないことを喋っている声がするのです。

しかもラジオのパーソナリティの方々は声も良いし、面白い方も多いです。リスナーからの無茶ぶりに毎回モノマネをしてくれる人、中学生リスナーの多い番組で、可愛いお悩みに一生懸命答えてくれる人、さまざまな方がいらっしゃいます。

ラジオ番組を聞いていると、小さなことで悩んでいるのは自分だけではないという気持ちと、こんな風に温かく真剣に答えてくれる人がいる、という気持ちが部屋全体に広がって、「一人が寂しい」という気持ちがなくなりました。

また音楽も流れてくるので、この曲いいな〜とか、人のオススメの自分なら聞かない曲とかもあって、新鮮な一日を送ることができます。

 

メンタル的に寂しさを感じやすい方はラジオを聞いてみるのも良いでしょう。

 

もさおは鋼のメンタルだったので、ラジオを聞いたりしながら二次創作、歌の練習をしていました。没頭できる趣味があるというのも、お一人様には良いものです。

 

 

また友人は多くはないものの、もさおにもいます。

 

困っている時に声をかけたら助けてくれるのが友人で、何も言わなくても助けてくれるのは親友だ…ということを『フランチェスコの暗号』では言っていましたが…

 

 

 自分の好きなもの、最近あった楽しかった話、お出かけしたり、食事に行ったりするような友人がいてくれれば、もさおには充分でした。

自分から声をかけて集める時もあれば、誰かが誘ってくれることもありました。

女子会というと恋愛の話ばかり、建設的な話は何もしないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、もさおの周りは恋愛話だけではなく、漫画の話、映画の話、仕事で制作したもの、行った場所等バラエティに飛んでいました。専門職の人が多く、OLさんの仕事をしている人が少なかったのもあるかもしれませんが、濃くぶっ飛んだ話をたくさんしてくれる人が多いので、とても楽しいものでした。

 

 

衣食住、それに友人と家族が足りていればお一人様は楽しいことばかり。

もさおはそう考えるのでした。