読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

ささやかな野望

殿との結婚準備 料理 調味料

ちょうどスーパーの話、食べ物の話になったので、もさおの食材へのこだわりを書こうと思います。

…と言っても、そう大したこだわりはないのですが、誰しも持つここだけは譲れないというところがある、というだけです。

 

 

まず砂糖

砂糖は甜菜糖を使っています。

白砂糖が宜しくないという話は健康に気をつける人たちの界隈ではよく言われるので割愛します。

甜菜糖オリゴ糖が含まれているので、お腹の調子を整えるためにも白砂糖よりいっか、という感覚で今は使っています。

他に使うなら、きび糖とかになるんだと思います。

 

 

次に

塩は天日塩を使っています。

イタリアだったり沖縄だったり、色んなところの塩を使ってきましたが、天日塩ということは変わりありません。

最近は殿がこれがいいと言った塩を買ってきて、朝、目が覚めてすぐ白湯にひとつまみ溶かして飲んでいます。

yoisyoku.org

 

なんだか副腎疲労が気になるらしく、これを毎朝飲むようになった(ちょっと高いので普段使いはまた別の塩です)ら、夏バテがなくなったと言っていました。

 

 

そして醤油

これはだし醤油を使っています。

だしが入っているので煮物に便利なのです。わざわざ、だしを取らなきても、だし醤油と『味の母』を使うだけで簡単に煮物ができます。

シンプルだけど美味しいと言ってもらえるし、簡単です。

あとは生醤油を置けば良いと思っています。

うちは私がお刺身を食べないので、生醤油(きじょうゆ)については置いていないのですが、本当は買わなきゃいけないな〜と思っています。

 

 

最後にだしですが、これはだしの素、パックのようなものだったり、顆粒状のものだったりを買っています。 

ただしアミノ酸は入っていないものです。

なぜなのかは書けば、1記事だけじゃ足りないくらいですし専門家でもないので…。

ただ、今は殿がグルタミン酸中毒になりやすいというか、昔、お医者さんからラーメンの汁は飲んではいけないと言われたこともあり、特に気をつけています。

引越し直後、殿が使わずに持っていたトマト鍋の素があったので使ってみたら、その後ぐったりしてしまったので、そういう鍋の素も使いません。

トマト鍋は昆布でだしを取って、トマト缶で煮込み、最後にオリーブオイルということにしています。

 

鍋などで使った昆布だしは、細かく刻んで蕪の甘酢漬けや、佃煮にしたりします。

 

 

という、あまり無理のない程度に食材にはこだわっています。

一応、この食事で殿は血圧が高かったのが(あと少しで高血圧)、平常値、体重もだいぶ絞られ、体も綺麗になったので、服も更に似合うようになったという…。

このまま平常値でいって、毎日健康に過ごしていけたら嬉しいな、というのが、もさおの野望なのです。