結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

例えるなら漫画でいうとトーン貼りとか写植作業な小物合わせ①

ヘアメイクリハーサルも終わったということで、小物合わせのことを書きたいと思います。

 

もさおがしたのは洋装の小物合わせです。

もさおの場合、和装の小物合わせは特になく、小物は料金内の物をご用意してもらったんだと思います(今思えば)

和装でも小物合わせがあるとすれば、半襟、懐剣、末広(扇子のこと)、草履、色打掛や引き振り袖なら筥迫(化粧ポーチのようなもの)などでしょうか。

綿帽子(シースルーのものもあるそうです)や角隠し、簪もあるかもしれません。

要領としては洋装でも和装でも変わりません。

その日、そのドレスor着物でどんな自分に仕上げたいか、です。

 

ドレスの場合の小物は

・ヴェール(挙式時)

・髪飾り

・ネックレス

・イヤリング

・グローブ

・シューズ

といったものです。

 

まず、ヴェール。

これは挙式時にかぶるものです。

マリアヴェール、ロングヴェール、ショートヴェールとあり、花嫁を悪霊から守るものです。

ヴェールアップ(新郎にヴェールをあげてもらう)やヴェールダウン(書式の前に母親がヴェールを下ろす)のしやすさ、雰囲気によって選ぶと良い思いますが、海外挙式で有名な教会で式を挙げる時は、マリアヴェールが禁止されているところもあるかもしれませんので注意です。

 

さて、教会式でも挙式から披露宴会場へと移れば、ヴェールは脱ぐと思います。

すぐにお色直しして入場するのならまだしも、大体同じドレスのままということも多いでしょう。

その場合、髪飾りをつけたりするだけで、同じドレスなのにガラッと雰囲気が変わります。人によってはドレスの腰部分にサッシュベルトなるものを巻いて雰囲気を変えるという人もいました。

www.lovetiara.com

 

髪飾りの種類はティアラ、カチューシャ、ヘッドコサージュ、生花等あります。

ホテルで大勢の招待客がいる場合は最初はきっちりした雰囲気を出したいからティアラ、レストランウエディングでアットホームな雰囲気にしたい時はカチューシャコサージュ、ガーデンウエディングで外にも出る場合は生花、と雰囲気に合う髪飾りを選ぶと良いですね。

そして、ヴェールを脱ぐとネックレスやイヤリングもひと際輝くと思いますので、大振りなものが良いのか、光を反射しやすいものか、揺れるタイプか、それも会場の大きさや見せたい自分をイメージして似合うものを選んでください。

 

もさおは神前式で挙式して、披露宴や食事会はドレスだったので、ヴェールはありませんでした。

髪飾り(ヘッドセット)だけです。 

www.lovetiara.com

もさおはレストランでの食事会なので、そう畏まらない↑のようなリボンカチューシャにしました。

www.lovetiara.com

ネックレスとイヤリングも、↑のようなオーソドックスなものにしました。

カチューシャが個性的なので、ここでネックレスやイヤリングも個性的にしたら、自分が埋もれると思ったので…。

 

これで首から上が決定しました。

次はグローブですね。…ということで次の記事に持ち越しです。