読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

周到なもさおの抜かりないメイクリハ②

殿との結婚準備 ヘアメイクリハーサル

ヘアスタイルだけではなく、メイクの参考画像も集めてスマホにフォルダを作ると共に、PDFも作成しました。

 

ヘアスタイル・ヘアメイクに載せたものは、

・自分がどんなイメージを持っているか

・どんな風に見えるようにしたいか

・普段、どんな風にメイクをしているか

・どこが気になるか

・パーソナルカラーや体型の自己認識

と、このくらいです。

それを和装、洋装で分けてPDFを作りました。

 

例えると、和装だとキッチリした雰囲気にして欲しいし、髪型はシンメトリーでいいかもしれない、洋装の時はレストランでの食事会なので少し崩した雰囲気で柔らかいメイク、ふわっとした髪型にして欲しいという…。

つまり、『ユーリ!!! on ICE』で言うと、和装ではリリア・バラノフスカヤ、洋装はミラ・バビチェヴァということです。

 

メイクも人の顔を描いて、普段はこんな風にアイシャドウを入れて、こんな風にチークを入れています、というのを載せておきました。

ここが気になるので、こんな風になるのは嫌だとも書きました。

その他、会場の大きさ、明るさ、時間帯によってはメイクも変わってきます。

 

自分の顔を作ってくれるメイクさんなので、今持っている情報は全て開示してあげてください。

情報はいくらあっても良いのです。

それもせずに、最悪だったと言うのは、もさおは嫌です。

せっかくプロにメイクしていただける又とない機会なら、全力を出したいし、これだけ情報開示してメイクがイメージと全然違う最悪なものになるというのなら、その方と合わないかその方が下手なのか、ということだと思います。

 

そして不満ならその段階でメイクさんを違う方に、とお願いすることもできます。

ただメイクさんを変えるとブライダルサロンの方にも迷惑がかかるかもしれません。

そのための証拠です。こっちがこれだけ情報開示して納得のいくメイクをしてもらえないのなら変えてください、と正当な(?)理由ができます。

これをしなかったら、ただのワガママ野郎になると思ったので、ここまでして、ヘアメイクリハーサルへ臨みました。