読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

外見美人は生まれ変わらねばいけないが内面美人は生活で作れる②

殿との結婚準備 日々の生活

他にやることなんて他の人と同じです。

 

よく寝て、毎日綺麗に毛穴よりも細かな泡を立てて洗顔し、化粧水と乳液、それから時々パック。

美味しいものを食べて、毎日出すものを出す。時々一日に何度も出す。

 

自分という器があったとして、その器にモノがいっぱいに詰まっていたら、どんなに素晴らしいものがあると目の前に出されても入りませんね。

排泄というのはそれほど大切なものなのです。

以前も書きましたが、殿は結婚して玄米を食べるようになった頃は1日5回くらいトイレ(大)に行っていたそうです。今は落ち着いて1日1〜3回です。しかもお腹を下して何度も…というわけではなく、自然な感じでトイレに行きたくなってスッキリしていたとか…。

 

以前テレビで某お笑い芸人さんがダイエットするのに密着したのを見ていて、太っているのもあるけど、むくんでいるのではないか、とも言われていました。

食べ物の排泄、飲み物の排水もうまくいっていないと太るのかな〜と思います。

淀んだ水を抱えても綺麗になるとは思えないので、血の巡りを綺麗にするのが一番かな、と思います。

 

 

…と、内面ばかり言いましたが、外見も少し。

 とにかく客観的に見てください…といっても難しいかと思います。

今はパーソナルカラー診断や某デパートでは骨格診断、どのコーディネートが合うかの同行もしてくれて、気に入れば買えば良いという大変ありがたいものがあるそうです。家族や友人ではないプロからの客観的な視線も必要だと思います。

家族や友人だと偏った考えや自分(同行者)が好きじゃないからとススメてこないこともあるので、自分に似合うものをきちんとススメてくれるプロにお願いすることもアリだと思います。

そこで、こうだからこういう服が似合うと言ってもらえたら、今まで敬遠していた服も着られたり、メイクもできたりすると思います。

 

あと、メイクもなりたい顔用のメイクというものがありますので、そこをわかった上で実行してください。

間違っても自分の欠点が浮き彫りになるメイクはしないこと。

もさおは鼻が高く、細めで、頬骨が出ているのでチークは柔らかい印象になるように入れています。

間違って鼻筋を目立たせるシャドウを入れたりすると、『ユーリ!!! on ICE』のリリア・バラノフスカヤみたいになります。

f:id:morimori_mosao:20161205163155j:plain 素の顔もこんな感じ…

 

まあ、顔はどうにでも変えられます。

ツイッターとかで、Before、Afterのメイク画像が回ってきて「別人だろ」って思ったことはありますよね。あれは嘘などではなく、自分の顔の構成がどうなっているのかを知っていて、どうすれば自分の思い描く完成になるかを知っているのと、圧倒的な技術です。

技術がないから式本番ではプロが圧倒的技術で改変してくれます!

 

それよりも土台…つまり肌です。

一番良いのはエステです。圧倒的な技術力と機械力で毛穴から汚れを取り、水分を導入させ、もちぷるなお肌にしてもらえます。

しかし、そこにお金をかけないと決めたのなら…ということで、もさおはコットンパックをしていました。

コットンと化粧水さえあればできるというものです。

 

コットンは無印で大量に売ってあるのを買っています。

www.muji.net

洗顔後、これを2枚ほど水でたっぷり濡らしたら、左手の手の甲に置きます。それから右手を重ねるようにして水を絞ります。(とにかく水分を絞れたら手の重ねは反対でも可です)

絞ったらこのコットンを半分に分けます。少し厚めのコットンなので薄いコットン4枚になるようにしましょう。

薄々コットンができたら、それに化粧水をたっぷりかけて、顔の好きなところに置きます。

3分ほど置いたら、コットンを外して保湿しましょう。あまり長い時間しすぎると、今度はコットンの方へ水分が移ってしまい、反対に乾燥するので注意してください。

という、これだけのパックです。

 

いや、これだけでも面倒なんですけど、いつも何もしていないから、これくらいはしようかな…とやっていました。

ただし不定期です。