結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

外見美人は生まれ変わらねばいけないが内面美人は生活で作れる①

エステの話をしたので少し美容のお話でも…。

 

こんな毎日スッピンで生きている女の美容の話なんぞ大したことでもなかろう…そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、しばしお付き合いください。

 

スッピンでも良いことはあるんですよ。

もさおはハードコンタクトなのですが、使い捨てではないので定期的な検診を受けています。その時に「化粧をしていないので汚れがまったくないです」とコンタクトの美しさを褒められました。

顔は褒められていません。

 

四方山話は置いといて…もさおの美容ですが、まず白湯を飲みます。

朝に一杯、お風呂上がりに一杯、寝る前に一杯、と飲みます。普段もできるだけ、白湯を水筒に入れて飲んでいます。たまに味に飽きるので、そんな時はお茶を持ち歩くことはありますが、朝と風呂上がりと寝る前は必ず白湯です。

 

なぜ白湯かというと、内臓を温めて排泄を促すのです。

また珈琲や緑茶を飲んでも水分を摂ったことにはならない(利尿作用があるから水分が体外へ出て行ってしまうので)から、と足ツボの先生に言われたこともあり、白湯を作って飲んでいます。

 

某オサレ雑誌には鉄瓶でお湯を沸かすと鉄分が溶けて不足がちな鉄分が摂れるとか、蓋を開けて沸かすと火と風の力がナンタラでアーユルヴェーダ的に良いとか書いてありましたが、そこまではしていません。

他にも腰やお腹が冷えていると、足先にも冷えた血液が流れていくので、冷え症が治らないと整骨院で言われたので、白湯で体を温めるのは良いのではないかと…。

 

体温が高いと免疫力が高い…言い換えれば体温が1度下がると免疫力が通常の1/2になるとも言われました。

お肌も細胞なので、細胞が瑞々しくあるためには血行が良く、新陳代謝が活発でないといけません。

水分量もないといけません。

そのために白湯なのです。

 

他にも体を温めるためにお風呂になるべく入る…と思っていたのですが、一人暮らしの時はまったくできませんでした。今は殿が一緒にいてくれるのでお風呂は毎日入っています。

 

油は良い油を摂る

オメガ3、オメガ9とかいうことを聞いたこともあるかもしれません。

オメガ3は熱に弱いので、生で食べるという油です。オメガ9は料理とかでオリーブ油を使えば良い油ですね。詳しくは割愛しますが、なぜ良質な油を摂るのが良いかと言うと、細胞膜は油が70%ということを以前聞かされたのです。

そこで酸化しやすい油を摂る…酸化=老化なので、細胞から老けるというのを避けたいのです。

 

さっきから細胞の話ばっかとか思わないで下さい。

もう顔の構成やらは変えられないんです。変えられるものは内臓だけ。健康で生きていたいんです。

元々もさおは結婚する気はなく、一人で生きていくつもりでした。

不摂生な生活をして、誰も世話してくれず一人死ぬよりも、ピンピンしてて寝てる間にポックリの方がいいじゃないですか!

ブスなんだから生きている時も迷惑かけていたとしても死ぬ時くらいはお手間かけさせたくないんです。

 

認知になって暴れるBBAより手間のかからないBBAになるために、やらねばならなかったのです。