読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

ゆびわを買いに②

殿との結婚準備 指輪探し

力のある指輪結婚指輪を探しに某デパートへやって来たもさおたち。

一度、指のサイズを測ってもらった時、殿は指が太いので、幅広の指輪が合うのではないかということを言われました。

もさおは女性にしては手が大きく、指も長いので、幅広の指輪でも何でもそれなりに合うということになり、殿の合う指輪、つけていても気にならない指輪が良いと思っていました。

 

まあ、殿の〜とか言いながら自分のこともありました。もさおはアクセサリー類をつけていると凄く違和感を覚えるタチなのです。指輪は外したがるし、腕時計も片方だけに重さがかかるのでバランスが悪くなるし、ネイルも指が重くなるのが嫌というナチュラル嗜好?でアクセサリー類をつけたいと思ったことがありません。

 

指輪とか外したがらないか心配だ〜と思いながら、Pt999の指輪を某ショップへ見に行きました。

 

しかし、予約もしていなかったので、対応が悪かったらしく「ここはあかん」と殿が思ったようで、すぐに出てしまいました。

でも、もうこの日に決めてしまわなければ、殿と会える日はそうそうありません。あったとしても別の用事が詰まっているので、今買わなければいけなかったのです。

 

焦って近くにあるショップを探すもさお達。

ネットで検索し、ひとつのお店が近くにあることを知り、そこまでやって来ました。

今、思えばよく入ったな〜という敷居の高い感じのお店でしたが、切羽詰まっていたもさお達は後には引けないのです。悩む暇もなく、お店に入りました。

 

入ったところ、お客様はいませんでした。

スタッフの方が姿勢良く立っていらっしゃって、ふらっとできる雰囲気ではありません。すぐに入り口すぐに立っていらっしゃった方から「本日はどうされましたか?」と聞かれ、「結婚指輪を買いに」と伝えると、まずはカウンターへ通されました。