結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

ゆびわを買いに①

大事なことを書くの忘れていました。

指輪です、指輪。

 

もさおは婚約指輪は買わないことにしたので、結婚指輪のお話です。

婚約指輪エンゲージリングですね。昔で言う『給料3ヶ月分』です。

「結婚してください」パカーッ!ってやるやつですね(しません)

結婚指輪は「健やかなる時も病める時も〜」で指輪交換してくださいってやつです。

そして日常でもつけるようになるのが結婚指輪マリッジリングです。

まれにつけていない人もいますが、そういう人は不倫野郎だ!というわけではなく、職業柄つけられない人もいます。うちの殿も仕事柄汚れるor失くす可能性があるので平日は外しています。

絵画や書道の修復の仕事をしていた友人は化粧もできないとかあったので、指輪できないというので不倫野郎扱いはやめてあげてください。

 

さて、結婚指輪ですが、婚約指輪と重ねてつけると違和感なくつけられるので、婚約指輪と同じところにお願いするという方もいらっしゃると思います。

ただ、結婚指輪は女性だけでなく男性もつけるものなので、男性の意見や好みも重要になってくると思います。

 

もさお達の意見は一致していました。

シンプルなストレートライン、甲丸の指輪で素材はプラチナが良いと。

なぜそんなデザインがいいかというと…。 

 

ロードオブザリング』の特典DVDを見ていると、ピーター・ジャクソンが指輪のデザインでうんうん悩んでいました。最初は厨二なゴッテゴテの装飾が施された指輪をデザインしていたんですが、どれも違うということになります。

そんな時、ふとスタッフの人の結婚指輪がシンプルな指輪でこれが良い!となったので、それをそのまま使ったとか…。

力のある指輪は無駄な装飾などないのです。

 

もさおも力のある指輪が欲しい、という厨二な理由で、シンプルなストレートラインの指輪にしようと思いました。

 

そしてなぜプラチナかというと、プラチナは頑丈な金属なので毎日つけるので、丈夫な方が良いかな〜と思ったのです。

プラチナの含有率はPt850、Pt900、Pt950、Pt1000orPt999と刻印されます。数が大きいほどプラチナの含有率が高いのです。ちなみに日本ではPt850以下はプラチナとは呼べません。イギリスだと95%以上でないと呼べないとか…。

 

ということで、Pt999に狙いを定めてもさお達は指輪を買いに行ったのでした。