読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

書体は解ミン月とか宙とか好きです。

結婚式の3ヶ月程前、もさおは招待状を出しました。

手作りの招待状です。

地図も手作り、書体もモリサワ

手作りなので、ここぞとご祝儀を辞退してさせていただきますと書いて投函しました。

 

しかし招待状は業者さんに頼む方が楽です。

もさおはデザイン関連の仕事をしているからまだしも、100名以上出す場合は宛名もプリンターでないのなら筆耕さんに頼んで楽をしましょう。

もさおは近くの文房具屋さんのおばちゃんが1枚50円で書いてくれるので、お車代とかの筆耕はそこに頼みました。

 

それから着付けをする人はもさおと一緒にブライダルサロン提携のヘアメイクさんに頼むので、着付けとヘアメイクをお願いする人のリストを提出し、母や義母には着付けに必要なものを連絡したりしました。

 

あと、一番困ったのはホテルです。

時期によっては春だと試験、卒業式、入学式が重なったり、春以外でもライブで大物が来る日などは、その日や前日はホテルが取れないというのがあります。

例に漏れずもさおもそれらの条件に重なり、なかなかホテルが取れませんでした。せっかく来ていただくので、ゆっくりできるよう、良いホテルをなるべく早く取るようにしなければいけなかったなと思いました。

宿泊する人をリストアップし、式場、披露宴会場からの近さ、条件の良いホテルに全員泊まれるようにしなければいけなかったのですが、近くの良いホテルがあまり取れず、向かいにある別のホテルに何人かは泊まるということにもなりました。

 

ただ、これはもさお達が親族の結婚式だからだと全部取った話なのですが、もし親族だけではなく、友人、会社の上司等来るような場合は、それぞれの都合に任せましょう。そしてお車代として新幹線や飛行機、ホテル代を一緒に渡せば良いと思います。

 

という、今回はこまごま話でした。