結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

血統付きの過激な綿帽子派もさお

白無垢と紋付袴が決まったら細かい小道具です。

レンタルでどのくらい細々と決めるかはショップによるんでしょうけど、もさお達のところはこれ以上決めることはありませんでした。

あ、すみません。綿帽子か角隠しかどちらにするかは決めましたね。

 

角隠しは白無垢、色打掛どちらにも合わせられますが、『女性の嫉妬や怒りの象徴である角を隠す』という意味があるので、どうだろうな〜と思っていました。あと鬘重いから嫌だった…

綿帽子は白無垢にだけ合わせられ、挙式が終わるまで新郎以外の人に顔を見られないように、という意味があるとか。

そういった理由から…かはわかりませんが、もさおは綿帽子に憧れがあったので、綿帽子にしました。その後、両親の結婚式の写真を見ていたら「お母さん、綿帽子に憧れてたのよ〜」というから血って争えないんだな、と思いました。

 

さて、話を戻しますが、綿帽子でも鬘にすると、もしかしたら簪を選んだりするかもしれません。

洋髪でも被ることはできますが、鬘の方が綺麗に被れます。

しかし、頭が重くなるのがどうしても嫌だったので、洋髪で綿帽子という選択をしました。

これが本番に驚きをもたらすとは…。

 

それから草履、懐剣、等を選ぶのかどうか…わかりませんが、選ぶのならショップの人が忘れることはないと思います。

 

あと大事になるのは本番までに金額を納めることと(ブライダルサロン提携のショップなのでブライダルサロンに支払えば良いというものではない) 、肌に触れるものは自分で用意。

その準備を抜かり無く行わなければいけません。

 

まず新婦は肌襦袢と足袋です。

肌襦袢は成人式や人様の結婚式で振り袖を着る時に用意したからあるかもしれませんが、それではいけないそうです。

白無垢用の肌襦袢というのは襟ぐり(うなじ部分)がざっくりと開いているものだそうです。

item.rakuten.co.jp

もさおが購入したのはこんなものでした。

二度も婚礼用の肌襦袢は着ないだろうと思って、その日、着ることができればと思って購入しました。

サイズは念の為(背が高いので)Lで。

足袋は成人式での足袋を用意して、タオルは振り袖だと3〜4枚と言われるのですが、5枚以上いるそうなので用意していたら、母親に「もさおなら10枚くらいいるんじゃない?」と10枚持たされました。

 

そして新郎の準備するものもあります。

新郎も同じで肌襦袢(もさおたちはステテコで良いと言われました)、そして足袋です。

殿はお祭り用の地下足袋を持っているけど、これじゃダメなのかな?と言われたんですけど、どちらにしろステテコを用意しなければいけないなら、衣裳屋さんが用意した肌着セットというものがあるので、そちらを購入しようということになりました。

足袋とステテコのセットで何千円という価格なので、いちいち探して購入してという時間と手間を惜しんで、ショップの用意してくれるものを購入という形にしました。

このように少し割高になったとしても、時間をお金で買う、と思えば、購入もありだと思います。

 

ブライダルサロン提携の衣裳屋さんではこれで終わり、次はブライダルサロンの方とのお話です。