読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

殿が素敵なのはわかりきった事実だが着飾ったところが見たいだけ

殿は金曜の夜遅くに九州に来てくれて土曜日に一緒に衣裳決め…ですが、もさおは仕事でした。

少々お待たせして、もさおは仕事を午前中で終わらせ、殿と合流します。

 

腹が減っては戦はできぬ、ということでお食事をしました。

その時にゼクシィなる書物に付録としてついていたメンズゼクシィ簡易版を持っていたので、それを見合いながら、どれがいいかな、これがいいかな〜と何となくイメージを掴んでもらい、衣裳屋さんへ行きました。

 

殿はあまり…というか、世の新郎の多くがそうであるように、衣裳に関して積極性がなく、「もさおさんが綺麗に見える衣裳ならなんでも…」という感じでした。

しかし、もさおはそうは思いません。

殿も主役なので、やはり格好良い衣裳を着て欲しかったです。

 

洋装を着る時が夜になるというのとレストランなので、照明もそうありません。少し暗めの店内でも綺麗に見えるよう光沢がある生地でも良いと思っていました。

派手な色だと嫌がりそうだから、グレーくらいならいいだろう、と勝手にグレーの光沢のある衣裳をイメージし、あとはわからないので、殿に着てみて考えてもらおうと思いました。

 

もさおも男性スーツやタキシードに関してはあまり詳しくないのです。

しかし、男性だろうと女性だろうと衣裳選びは一緒です。

自分をどう見せたいか、どこが気になるところか、新婦とのバランスは良いか、どこで、いつ着るのか。

ここを押さえて選べば良いのだと思います。

www.withawish.jp

調べていたらちょうどよくこんな記事を見つけたのでご参考までに…。 

 

www.withawish.jp

他にもこんなものがあるので、選ぶのがダルいという彼氏さんはここで一気に絞るという手もあります。

男性は形から入る方も多いので、それじゃあ!と決められるかもしれませんね。

 

www.withawish.jp

そしてタキシードを着るのに疑問があるという彼氏さんは一度ぜひ、こちらをご覧ください。

 

 

女性のドレスに関することはたくさんあるけど、男性のものは見た事がなかった(私が女なので見逃していたのかもしれません)ので、こういった記事は大変ありがたいですね。

 

続くのでした。