結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

女性の諸経費:男性にも分かり易く解説できるのか? 〜独身最後の大物買い編〜

大物買いと言っても家電とかではなく、洋服とバッグなんで、そう高くはないんですが、普段1シーズンでも服を買わないもさおにとって(サイズがなさすぎる、合う洋服がない、手持ちで充分)はこれだけでも高い買い物でした。

 

 

なぜ、そんなものを買ったかというと、事の発端は殿がうちの両親への挨拶をする話が出たことでした。

そこでいつ来るのか、という話になり、家を掃除するのが面倒だったらしく(当時は仕事が立て込んでいて余裕がなかった)、「じゃあ、駅から近い○○ホテルでご飯を食べようよ」となったのです。

よく結婚準備ガイドで『食事の心配をかけないよう、食事時を避ける』みたいなことが書いてありましたが、うちの両親にはそんなの関係なかったようです。

そこで服装というのがありますね。

もちろん、殿はスーツで来ます。

もさおも、それに合わせた格好でなくてはなりません。当初は、これとこれを着たら、それなりにきちんとした格好になるだろうと目論んでいました。

 

しかし、2週間ほど前に鏡で合わせてみるとしっくりこない。

なんだか締まりのないちぐはぐな合わせ方になっている…。

これでは殿の隣には並べないし、場所が一応きちんとしたホテルだったので門前払いになる可能性もある(ありません)。

 

 

これはもう買うしかない、そう思ってもさおはデパートやら商店街をさまよいました。色々なお店を眺め、試着し、値段を確認して、とあるお店のワンピースを買いました。

2着候補があったのですが、一着は可愛い雰囲気で少しスカートが広がる感じでした。

そしてもう1着が買ったワンピースなのですが、こちらだと自分が太らなければ10年後でも着れるという理由で選びました。10年も着れば元は取れるだろうという魂胆もありました。

お高い買い物でしたが、自分も歳相応の格好をしなければいけない時がありますので、1着くらいは歳に合う上品な洋服があって良かったと思いました。

 

 

そしてもう一つの大物は鞄です。

ワンピースを買ってしまった為、それに合う鞄というのがなかったのです。あることにはあったのですが、通年使えるものではなく、その時の季節には全く合わないものでした。

なので、通年使える歳相応の鞄を探す旅に再び出かけました。

若い子はあまり来ない商店街の鞄専門店で大きすぎず小さすぎず、季節関係なく使えそうなバッグを見つけました。

高くはあったんですが、これも義実家に行く時や、改まった時にも使えて、歳相応だし、これで鞄で恥ずかしい思いをしなくてすむ、と、そう高い買い物ではなかったと思います。

 

 

これらは未来への投資だと思います。

結婚したら式やら新居やらでお金はいくらあっても足りないくらいです。

その前に改まった場に出る時に、自分が恥ずかしくない自分を演出できるアイテムを手に入れたと思えば良いのではないかと… 結婚してから揃えるのは自分が正社員で働いているならまだしも、当時はどうなるかわからなかったので、パートとかだと大きな買い物はキツイし、心苦しいです。

 

 

これは男性にも言えることだと思います。

男性も結婚してしまったら、大ぴらに買い物をするのはできなくなるかもしれませんし、今のうちに必要なものを買ってもいいかもしれません。

スーツをオーダー(オーダーは本当に自分にぴったりに作るので、それだけで印象がぐっと良くなります)したり、腕時計(営業さんなんかは時計を見られることもあると思うので…ただし、これは婚約指輪のお返しでもらえるかもしれません)とか、お財布とか、カバンとか靴とか…。

必要経費ですが、結婚してしまうと買うのは心苦しい、そんなこともあるかもしれません。

そんな時のために今のうち…というのはアリだと思います。

借金(ローンもNG)さえしなければ。

 

 

 

あと、これはだいぶ余談になりますが、もさお夫婦は今のところ二人で働いていて、殿の給料から家賃、光熱水道通信費、もさおの給料から貯金(一定額)、食費を出し、それぞれの保険、携帯代はそれぞれ引き落とされ、残りがお小遣いとなっています。

なので飲みに行くのも、お菓子を買うのもお金があればいいということです。

 

これはもさおがお小遣い制にしたくなかったので、そうしました。

よくローカル番組とかで月のお父さんのお小遣いは~みたいな特集があってインタビューとか聞いていると、お父さんはかなり切り詰めているみたいな印象を受けていたので、そういうストレスは与えたくないと思ったのが一番です。

ストレスが一番健康に悪い。

健康に悪いことをしたくない。

できれば二人で長生きしたい。

そのためならお金を遣うのも悪くないだろう、と思うのです。

毎日飲み歩きしているわけでもないし、飲み会くらいは別に良いし、ギャンブルも煙草も吸わないので、好きな時に好きなものにお金が遣えるのは幸せかな~と思います。

 

いずれ変わるかもしれませんが、今はお互い自由にしている関係でちょうど良いかな~と思っています。