読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

女性の諸経費:男性にも分かり易く解説できるのか? 〜歯のメンテナンス編〜

いや、これは女性だけの問題ではないんですけど、女性はちょっと大きい問題ですよね。

だって妊娠したら歯医者行けなくなるんだから虫歯作っちゃいけないし…と思っていたら、時期によっては妊娠中でも虫歯の治療とかできるんですね。

ただ妊娠中に局部麻酔とかなるべくしたくはないし、ストレスを感じることをしたくないです。

 

 

そんなことを考えて一年ほど行ってない歯医者に行くべきか迷っていたある日のもさお。

なんとなく痛みはないのですが歯が黒くなっているような気がして不安になりました。

まあ、いっか、と言いたかったですが、もうこの体は一人のものではありません。

いずれ殿と一緒になるのなら、顔と同じく適当なことをしていいわけがない、そう思い、すぐに歯医者に予約を入れました。

 

結果は神経は大丈夫なものの虫歯があったそうです。

そして親不知が変な方向から生えていて、抜かないと隣接している歯を虫歯にしてしまうのではないか、と言われました。

親知らずを抜くか抜かないかは置いておき、とりあえず歯の治療をすることになりました。

 

 

ついでに歯列矯正もすすめられましたが、ちょっと時間がなさすぎて(結婚して関西へ行くだろうと思っていたので)それは遠慮しました。

ただ歯列矯正はした方が良いと思います。

見た目だけの問題ではなく、歯並びが良いと歯を磨きやすい=虫歯になりにくくなるからです。

もさおは乳歯の時は表彰されるくらい歯並びが良かったのですが、乳歯が永久歯に生え変わったら、この口に永久歯は大きさが足りないようで、歯並びが悪くなってしまいました。

それで歯が磨きにくく、加えて歯が柔らかいので虫歯になりやすいそうです。

 

なので、歯ブラシ、タフトブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロス、タンクリーナーで歯磨きをしています。

クリニカアドバンテージ デンタルタフト 1本

クリニカアドバンテージ デンタルタフト 1本

 

 タフトブラシはこんなのです。

ちょっと歯並びの悪いところや、奥歯に届くので重宝しています。

 

歯間ブラシは

GUM(ガム)アドバンスケア 歯間ブラシL字型 10P サイズ1 (SSS)

GUM(ガム)アドバンスケア 歯間ブラシL字型 10P サイズ1 (SSS)

 

 こんな感じのですが、これは歯の根元の歯と歯の間を掃除しています。

歯科検診の時に「こうやって掃除すると~」と(そこには入らんだろう)と思ったところを難なく入れられたので、初めて使う時は歯医者さんで使い方を聞いたりすると、自信を持って使えるようになるかもしれません。

妄想すると「入らないよ」って頑なに言っていた受が、攻のものが難なく入ったみたいな気持ちですね。

見た目痛そうなのに、全然痛くないのも似てる…わけではない。

 

それからデンタルフロスはこれですね。

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

 

 フロスは歯間ブラシが入らないところを掃除します。

歯間ブラシやフロスは時間がかかるので1日1回すれば良いと歯医者さんでは言われました。

 

本当は歯列矯正をして、ここまでの歯磨きをおススメします。

歯列矯正をすると声が良くなるという話も聞いたので、アナウンサーになりたい方、声楽、声優、アイドル、役者を目指している方などにもおススメです。

 

 

また、昔こんなCMありましたよね。


豆しばCM3

 

毎日ひとつ~ま~めちし~き~らんらんらん~~~♪

(まあ、この場合は行ったり来たりして自分にない細菌をもらって免疫力を高めるという話もありますが)

 

 

でも、嫌じゃないですか。

自分の中にいる虫歯菌や歯周病菌がパートナーにいって、パートナーが虫歯や歯周病になったら。

特に歯周病菌は、糖尿病等の別の病気をひき起こします。

自分のせいでパートナーと一緒に健康で長生きできない、というのは避けたいです。

それに、妊娠中に歯周病になるのも避けたいですから、常々口内環境は綺麗にしておきたいものです。

口臭の問題もありますので。

 

 

以前、恩田陸が仕事が激務だった時には口内炎で口の中が真っ白だったとどこかで語っていました。

加納朋子もオーラルケアが大事だと語っていました。 

無菌病棟より愛をこめて (文春文庫)

無菌病棟より愛をこめて (文春文庫)

 

 白血病になったご自身のエッセイなのですが、物が食べられることがどれほどの回復に繋がったかを語っております。

私自身も激務時代は口内炎が凄くて、口を開けられないほどの痛みにいつももんどりうっておりました。

私の場合は口の中を噛んで口内炎に発展させてしまうのですが、口内環境がひどくなければ、口の中を噛んでも口内炎にならないのです。

 オーラルケアさえ、きちんとしていれば、こういった二次被害も防ぐことができます。

 

 

 歯医者とか歯磨きしてたら問題ないだろう、と言う男性もいるかもしれませんが、そうやって歯医者に全然行かなかった人が急に歯が抜けてしまう(歯周病で)という話も聞きます。

歯列矯正や歯医者への定期検診は自分のためでもあるし、パートナーのためでもあると思って、考えてあげてください。