結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

アラサー女子に絶対オススメできない本

殿との出会い…そろそろ佳境ですね。

もうスピード婚なので、この後は怒濤のお付き合い、プロポーズ、結婚が待ってますよ。

ついていけませんね。

 

ということで、しばし閑話休題。殿とのファンタスティック・フォーに突入する前に、もさお特選!片思い中or結婚願望のあるor恋に夢見るアラサーが読んではいけない本!というのをご紹介したいと思います。

え?何でそんなのするかって?自己満足ですよ!自☆己☆満☆足!!!

 

 

それではいきましょう!

まずはこれ!!!

『29歳』

29歳

29歳

 

 タイトル通りのアラサー。29歳の女性が主人公の短編オムニバス。8人の作家さんがそれぞれの短編を書いておりますが、これがまた何とも…。

いえ、作品自体は良いんですけど、これを29歳の時に結婚したいのにできるかわからない、そんな不安定な時期に読むともれなく闇堕ちします。

期待の持てる短編もあることはあるのですが、いかんせん不倫、浮気、二股…それらが多い。

特に喪女の方が一番気をつけなければいけないのが柳美里です。

素敵な人と素敵な出会い、そして脱喪ーーと思いきや…!

最後は主人公が考えるのを放棄する始末…私も考えたくない。

 

 

次はもさおが一時期、殿とは絶対に駄目なんだと読みながら感じたというこれ!

『言い寄る』

言い寄る (講談社文庫)

言い寄る (講談社文庫)

 

わたし、どうしてかわからないけど色んな人から声かけられちゃうの☆

でも本命だけは振り向いてくれない…みたいな不倫している人、もしくは好きな人がいても自分からは告白できない、でも好きになって欲しい、という不毛な恋愛をしている人…そんな方は読んではいけません。

告げられる真実。

お前は一人でも大丈夫だろう、という言葉。

なのにその好きな人はだらしない友人の方はほっとけないからとアッサリといってしまう。自分には全くアプローチもないのに、友人には逃すものかとわかりやすくアプローチをしていたという…ここらへんってつまり、好かれていたら、すぐに来てくれるんだねっていう真理なんですかね。

そんな真理、わしゃあ、知りとうなかった。

 

 

そして最後はこれ!

『薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木』

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

 

 色んな登場人物が出てきて様々な展開を見せるんですが、最初は幸せそうに見えた夫婦もいつの間にやら不倫してたり、それまでは楽しそうに不倫してたのに子どもが出来た途端ダメになったり…幸せ…どこ…?あったと思っていたのに行ってしまったわ…

って青い鳥かよ!!!!!っていう展開目白押し。

個人的には「みんなどうして結婚と幸せを結びつけたがるのかしら」という台詞が結婚への夢も希望も打ちのめすこと間違いなしと思います。

 

 

他には『古事記』の赤猪子の話とか、『サロメ』も喪も拗らせすぎると殺人までしてしまうのかという極端すぎる話。

あとは『テス』ですかね。好きな人には信じてもらえず、しょうもない男で妥協したら改心した好きな人が来てくれるんですけど時既に遅し…ってか最初っから心狭いこと言うなよ!っていう話です。

 

これらは何かの(何の???)参考にって読むのは良いかもしれませんが、あまりオススメはできません。

まあ、バリバリの主観で語ってるんで、そんなの気にしない方もいるかと思いますが、ちょっと繊細かもな〜って思う方がこの記事を見て危機回避してれば幸いです。