結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

ガリガリのすゝめ ②

先日の記事で痩せ体型について書けたメリットが服を買わなくていいという貧乏性極まりないことオンリーだったので、再度書いてみようと思います。

 

殿は結婚前、ちょっとぽっちゃりしていて…といっても今と比べると「あー、ちょっと太ってるかもな〜」という普通体型でした。

そんな殿が痩せて常々思うのが、服に負けてない、シンプルな服を着こなしているということです。

服に着られているでもなく、服を着ているでもなく、服を着こなしている、という感じなんです。

 

殿がしたことは何もありません。

食事が今までスーパーやコンビニで買っていたお弁当、唐揚げ、焼き鳥、アイス、ポテトチップス、焼きそば、ラーメン、これらが私の作ったご飯になっただけです。

しかし、深夜0時近くに間食(ポテチ3袋二人で食べ尽くしたり、アイスやチョコを食べたり)はいまだにしていますし、たまに疲れてお弁当を買う時も、殿用にお弁当二つだったり、お弁当とカップ焼きそばを買ったりしています。

それでも痩せました。

私が栄養を考えてどうこうしてるとかはありません。

 

さて本題のガリガリのすゝめです。

 

ガリガリのすゝめ:玄米もりもり

殿は玄米を食べるようになったからじゃないかと思っています。

私はかれこれ5年以上は玄米を食べているので何も感じませんが、結婚したての時はトイレ(大)を1日5回くらい行っていたそうです。

下したわけではないらしいので、普通に行っていたみたいです。それも今は落ち着いて1日1〜2回とかそのくらいになりました。

今まで食べていた唐揚げが溜まっていたのかもしれない、と言いますが、どうなんでしょう。

結婚前からすると5kgは痩せたんではないかと言っています。

 

玄米は、今まで白米を食べていた人が急に玄米を食べ始めると、お腹の調子が悪くなったりするらしいので、絶対にいいとは言えませんが、興味のある方は是非どうぞ。

 

腸に溜まったものを出したいとなれば、酵素ドリンクでファスティングとか、そういった方法もあるので自分に合った方法を無理なくされてください。

 

ガリガリのすゝめ:物理攻撃(腸マッサージ)

昔、お試しで腸マッサージなるものを受けたことがありました。

お腹を出した上にタオルを敷かれ、15分ほど美人なお姉さんにお腹をもみもみされました。

はっきり言うと、それだけで気持ち良くて寝ました。

エステとか整体で寝るのと似たような感覚ですけど、15分は早かった。そして気持ちよかった。

お姉さん曰く、腸の裏には自律神経の束があって、ここをマッサージすると自律神経が整うんだとか。

夜とか寝る前に触ってあげてください。押して固いのが大です、と言われました。

もさおもだいぶ快便な方ですが、「溜まってます」と一言。

毎日ご飯食べれば溜まりますね、知ってました。

 

ガリガリのすゝめ:番外編(足ツボ)

かじる程度に足ツボのようなものを習ったことがありました。

それ以降、お風呂に入る時に自分の足に足ツボをするようになり、毎日足の指と手の指で恋人つなぎしています。

そうしたら、生理痛が改善されて、今まで初日〜2日目までは痛み止め必須アイテムだったのが、薬が必要なくなり、冷房に弱くてずっとむくんでいた足もだいぶスッキリしました。

あとは首の根元にある目のツボとか、鎖骨のところリンパとかをゴロゴロして、自分のメンテナンスができるようになったというのは良かったです。

体重が減るとかはなさそうですけど、見た目と精神的なスッキリがハンパないです。

 

また長くなってしまったけど、もう少し書きたいことがあるので、もさお先生の次回作にご期待ください。