読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

お疲れ誕生日

お店を出て、近くの別の神社へ行ったり、途中で写真(自分たちの記念ではなく花とか景色の写真)を撮ったり、色々しているうちにまた駅近くに戻ってきました。 近くにある無料の休憩スペース…の前に、自分の顔くらいの大きさの肉まんが売ってあるのを殿が見…

ジャッジメントされる緊張感

ようやくカフェを出て、企画展示を見に行くことにしました。 「それじゃあ買ってきます」と言った殿を見送り、チケットを購入する背中を見つめながら、虫の知らせのような嫌な感じがじわじわと込み上がってきて、慌てて駆け寄り、背中をポンポンと叩きました…

右手に夏服、左手に合服。

どちらの改札を抜けるだろうか、とウロウロしている間に殿の乗った電車が来ました。 待ち伏せしていた改札口には来なかったので、もう一つの改札口へ。 あんなに会えるかどうか、見てわかるかどうか心配していたのに、見た瞬間、(そうだそうだ、この人だっ…

その真っ黒なコートを暗殺者コートと厨二な名前で呼んでいる…

殿がやって来るというその日、もさおは誕生日でした。 友人からプレゼントの自作待受もらったりしながら、何となく眠れなくてずっと起きていて、そうこうする内に殿は着いたらしく、もさおはあまり寝てない状態で出かけることとなりました。 行く場所は祖父…