読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

殿とのお付き合い 〜プロポーズ〜

ドキドキのタイムアタックでカフェオレ

朝は起きていつも通りのご飯を食べました。 トーストとコーヒーと…どこまでしたかはよく覚えていません。 昨日の疲れがひどくサラダやら卵やらはしなかったような気がします。 朝食を終えて身支度を整えるのですが、この時はまだまだ恥じらいがあって、殿の…

夢うつつでおやすみなさい

お家に帰り、お風呂というかシャワーを浴びてもらいました。 お風呂にしても良かったんですけど、シャワーで良いと言われたので…。 その間にお布団を敷いておきました。 殿が上がり、もさおもシャワーを浴びてきて、さて寝るか…となった時、殿が言いました。…

ピザは水平に持って歩かなければいけない

帰る頃には雨も上がり、そのお店のピザを買って帰りました。 どうやって帰ろうかと地図を見てみると、どうやら乗ってきた単線電車の終着駅が一番近いようです。 そこまで歩いていき、見えたのは侘しい田舎の単線電車の駅でした。 イメージ図はこんな感じ。 …

私はどこにでも行ける

こんなに早く、そういった言葉をもらえるとは思わなかったので驚きました。 殿のことは好きだし、いずれ結婚したいと思っていました。ただ一つ問題があるとすれば地元の人じゃないということでした。 自分がなぜ地元にこだわっていたかというと、 ・九州が好…

急な雨と急な話

ビール工場の1時間の飲み放題が終わって外へ出ると、お昼の良い時間でした。 近くにレストランがあることにはあるのですが、何となく殿が気乗りしないようだった為、一度だけ行ったことのある住宅街の中の隠れ家的なレストランに行くことにしました。 車でし…

ほろ酔い気分を楽しむ

次の日、駅で待ち合わせすると、殿が先にうちの両親に挨拶をしたいと言いました。 もともと挨拶に行く予定で、夜に少し寄ってご飯を食べるだけでいいかと思っていたのですが、殿が持ってきたお土産がチルド品だったので先に渡したい、となったのでした。 な…