読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

ここは確実にテストに出ます

空のダンボールを持って、殿のマンションへ向かいました。 まず、殿の服を詰め込めるだけダンボールに詰め込みます。 殿は意外と衣裳持ちで出るわ出るわ…しかも、優待セールで買ったけどまだ開けていないものまで…。 とりあえず、それらをダンボールに詰めら…

ダンボールを空にして

殿の実家に着くと、お義母さんが、「結婚して(婚姻届を出して)初めて帰ってきてくれたから」と大きな鯛の塩焼きを出してくれました。 ご飯、お風呂といただくと、今度は今まで使っていなかったという食器を見せられ、欲しいものは持っていって良いと言われ…

引越し当日 〜マンションとさよなら編〜

とうとうやって来ました。 引越しの日です。 当時住んでいたマンションには5年ほど住んでいましたが、その5年間が走馬灯のように甦ってきます。 思えば良い物件でした。 一階にはスーパー、郵便局、駅、コンビニ、映画館も近くにあり、実家へ徒歩で帰れます…

プレ引越し

何でもかんでもプレプレつければいいてもんじゃねーぞ…と言いたくなりますが… 引越し作業も佳境です。 引越し日に向けて食材を買わないようにしていましたが、もさおは味噌汁が好きなので、どうしても引越前の数日、味噌汁が飲めないことがつらくて、インス…

知らない番地へ引っ越す準備

引っ越しの準備は着々と進んでいました。 荷作りをし、持って行く家具のサイズを縦、横、高さ、奥行きを一つ一つ計り、家具の配置を考えたりもしていました。 正確な寸法も貰っていて、コンセントの位置もわかっていたので、どこのコンセントから電気を取る…

ゴミと転送と好奇心

ちまちまと荷物を詰めていく間に、引越しでやったことの残りを書きたいと思います。 まず粗大ごみの始末。 粗大ごみは他のゴミと違って毎週回収してくれるわけではありません。 自治体によるでしょうが、もさおの住んでいた地区は連絡して回収に来てもらうと…

着々と公共料金に別れを告げる。

そうそう。 忘れていましたが、引越し日が決まったらすぐしなければいけないことがありました。 賃貸の場合は建物の管理会社(ア○マンショップとか)やオーナーさんに退去の連絡をして、契約解除の手続きをすることです。 賃貸によっては2年更新とかになって…

本は売りたくないものですが、いつか床が抜けそうで怖い。

A社に見積もりに来てもらった日の夜、殿と電話をして事のあらましを話したら、「何か言われたら断っておくから、もうB社にしていいんじゃない?」と見積もりも出ていない時点でB社でいいと言われました。 そしてA社には電話をしませんでした。 それから数日…

そんなに家具は多くないと思ったのに…

まずA社の見積もりの日になりました。 A社の方から来ていただいた玄関口で見積もりのお礼?のようなものを頂きました。 お掃除のホコリ取りでした。 早速、家の中の持って行く家電や家具の大きさをチェックしていきます。 当然のことながら持って行くものが…

慣れ親しんだお部屋との別れの準備です。

遠距離のつらいところですは引越しがあるところです。 そんなの結婚してもしなくても引越しする人はするだろう、と思われるかもしれませんが、もさおのつらかったことはお金がかかることでした。 県内での引越しくらいなら、軽トラックでも借りて、自分で全…