結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

だって二人一緒に百歳まで生きたいですから④

私たち夫婦にとって一番問題だったのが腰痛です。

 

私はギックリ腰、殿は学生時代から既に腰痛に悩まされていました。

その上、デスクワークの為(殿もデスクワークが多く)、ずっと座りっぱなしで腰にも肩にも首にも負担がかかります。

 

しかし一日は忙しいです。

朝起きて、ご飯を食べて片付け、洗濯機を回して干し、身支度を整えて出勤。

仕事が終われば、買い物をし、洗濯物を片付け、料理をし、お風呂に入り、就寝。

 

今までは一人分だったものが二人分なので、これを一人でするとなると大変骨が折れます。二人で平等に分担できれば、自分の時間が増えますが、殿も腰痛持ちで意外と疲れやすいとなると、あまり家事も割り振れません。(ここは今度詳しく書きたいです)

 

 

…となると、お互いの弱点を克服し、無理なくきちんとした生活を送れるような人間になるしかありません。

まず、

①腰痛を治す

②体力をつける

この二つを目標に体幹を鍛えることにしました。

 

morimori-mosao.hatenablog.com

 

この記事で書いているスクワット体幹トレーニングを続けました。

片足上げスクワットは1日2回(1回10秒)

体幹トレーニングは本には初心者はひとつの運動を5回セットでと書いていましたが、これも勝手に1日2回としました。

 

なぜかというと、筋肉というのは使わなければ日々衰えます。

それは社会人となってデスクワークになった頃から徐々に体重が落ちていったことと併せて考えてみれば明らか(自分の場合は)です。

 

ということは毎日鍛えなければなりません。

しかし、トレーニングを始めた段階では毎日じっくり5回1セットを9パターンを行う体力も時間もありませんでした。

そこで自分が毎日続けられる回数と時間を考えてみました。

私の場合は1回だと効果が全く出なくてやる気がなくなるだろうと考えました。

3回だと時間がかかりすぎるし、体力を使いすぎて継続できないでしょう。

そこで2回くらいならちょうど良く続けられ、少しは効果も出るのではと思いました。

 

2回1セット9パターンの体幹トレーニングと1回10秒を2回のスクワットを続けてみての感想は、

1週間後…これくらいなら自分でも続けられる。

1ヶ月…そういえば座る時間が長くても腰が痛くない気がする。

半年…念願の体重が増えた。3回でも楽にできるようになった。足腰が安定してきた。お尻が上がっている。くびれもハッキリしてきた。

です。

 

 

殿も少しずつ腰が安定してきたと言い、体力もついてきたので、次はジムに通い始め、さらに体を作り込もうというところまで来ました。

 

 

なぜ、このようなことをするかと言うと、PPK(ワルサーではない)ロコモといった言葉を聞いたことあるでしょうか。

PPKピンピンコロリ。元気に長生きして死ぬ時は苦しまずにコロッと死にたいというものです。

ロコモロコモティブ症候群です。運動機能の障害により要介護になるリスクが高い状態のことです。

私はなるべく元気でいたいのです。それは自分のためでもあるし、殿に迷惑をかけたくないからです。もし子どもができたとしたら子どもに、できなかったとしたら親戚にも私の介護の心配などして欲しくないです。

お金を用意しておけばいいとも思いますが、お金もですが健康も用意して、放っておいても大丈夫な体で生きていたいのです。

 

 

他には家事問題でも筋肉は必要だったのでした…が、それはまた家事問題の時に書きます。

次の記事は健康にまつわる睡眠のお話を書きたいです。