結婚するんだなぁ もさお。

オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…結婚に至るもさおへ至る結婚。

だって二人一緒に百歳まで生きたいですから⑤

毎日美味しいご飯を食べたり、毎日お風呂に入ったり、ストレスなく生活するというのも大事と思いますが…生活の中で一番大事なのに蔑ろにされているものもあると思います。

睡眠です。

 

たかが睡眠、と笑う人もいるかもしれません。

そんな人を見ると童話の塩の話(とある王女様が父親である王様に「お父様は塩と同じくらい大事」と言い、怒られて国を追い出され、その国から塩がなくなり、食べ物が美味しくなくなってしまうという)を思い出します。

たかが睡眠、されど睡眠です。

 

 

学生時代にこんなことを聞いたことはなかったでしょうか。

寝る前に勉強したことは強く記憶されるので、間違いやすい問題は、寝る前に勉強する方が良い、と。

 

私たちが眠ると、その日の記憶を脳が整理し始めます。

その中で必要なもの、いらないものを分けていきます。

 

その他にも睡眠には回復や修復といった大事な作業があります。

『メジャー』という野球漫画がありまして、 

Major―Dramatic baseball comic (1) (少年サンデーコミックス)

Major―Dramatic baseball comic (1) (少年サンデーコミックス)

 

 

アニメにもなっているんですが、ふとアニメを見ていた時に吾郎(主人公)がとあるキャラに部屋に閉じ込められて鶴を何羽も大量に折らされていました。

 折り終わると更に紙を持って来て折らされ、それが終わると、ようやく部屋から出ることを許されました。

部屋を出てから球を投げる(ピッチャーなので投球する)と、以前より早い球を投げられているというのです。折り鶴にそんな効果が…と驚く吾郎でしたが、折り鶴はただの口実で、休もうとしない吾郎を休ませるために無理矢理させたというものでした。

回復をしない内に練習をしても意味がない、球が速くなるはずがない、という休息と回復の重要さを教える回でした。

 

これは普通の人でもいえることです。

睡眠という回復をしないまま、働き回っていてもパフォーマンスは落ちるだけです。

勉強でも睡眠時間の長い子どもの方が成績が良いという話もあります。

 

 

そこで私は殿にもっと早く寝て欲しいと言いました。

しかし殿は「自分は4時間睡眠がちょうどいい」と言って聞いてくれません。

睡眠に関する情報を集め、色々と見せ、聞かせ、ようやく殿は睡眠が足りないかもしれないと思うようになってくれました。

そして早めに寝るようにしたら、「記憶力が違う…!」と…

当たり前じゃーーーー!!!!!

 

 

私自身も一人暮らしの時は睡眠が短いことが多々あったのですが、その時と今を比べると全然違います。

睡眠が短い時は思考に靄がかかったような感覚があり、頭痛があったりと、おかしなことだらけでした。しかし、そのおかしな状態が常になると、おかしいことに違和感を感じないのです。

 

今でこそ、たまに睡眠時間が短くなった時は、調子が悪いと思うのですが、当時はおかしいとも全く思わず、パフォーマンスを下げていました。

 

 

こりゃ社蓄かどうかわからないまま生きてしまうわけだ…

と、大昔の社蓄時代に思いを馳せるのでした。